風水透視の世界

風水、気の流れ、土地建物のエネルギーを鑑定

107005168_350.jpg


水晶には様々な「効果」があることが知られている。

その一つに「結界」(けっかい)がある。↠水晶パワーの効果


複数の水晶を配置すると、水晶玉が「共振」して、水晶同士のエネルギーがつながる。これも水晶の「特徴」です。水晶のエネルギーが繋がると、「気のライン」ができます。内側は一段と高いエネルギーの領域(パワーゾーン)ができます。いわゆる「結界」です。結界ができると、その中はエネルギーが高くなり、「安全地帯」のようになる。

水晶にはこのような「効果」があるため、敷地の「四隅」に水晶を埋めて「結界」を造ります。仮に、結界を意識しないのであれば、埋めるのは一、二個でも良いでしょう。

水晶の「結界」については、パワーストーンを販売しているお店の人でも、知らない人もいます。(特殊な能力を持つ人「第三の眼」が開いている人は「結界や気の流れ」が視える人もいます)

結界の張り方にはノウハウがある。
ただ水晶を埋めればよいと言うことではない。

気には「良い気と悪い気」がある。結界を強く張ると「悪気」がブロックされて、敷地内へ侵入ができなくなりますが、同時に「よい気」も入ってこれなくなる。結界は「強すぎず、弱すぎず」が大切

パワーの弱い石があると、そこから「結界が崩れる」ことがある。それを防ぐために、パワーの弱い石には、エネルギーを補給します。こうして水晶全体のエネルギーバランスを整えます。これが「水晶のエネルギー調整」です。

また水晶の「波動」がザラザラして不安定なときもある。場合によっては、他の水晶と入れ替えることがある。こうやって四隅用の水晶のエネルギーを整えます。

水晶に手をかざすと…
暖か~いエネルギーを感じたり、指先がピリピリしたりする。水晶には、気功や風水でいう「気」に似たエネルギーが存在します。石選びの際は、こうした感覚をフルに活用します。

風水研究所では、上記のようなエネルギー調整を行った上で、お客様に水晶をお届けしてます。お客様はすぐそのまま埋められます。

スポンサーサイト



2024.03.24 20:57 | 土地・建物の鑑定 | トラックバック(-) | コメント(0) |