風水透視の世界

風水、気の流れ、土地建物のエネルギーを鑑定

とある同業者のホームページを読んでいたら・・・ 風水の仕事をしているのに、段々と風水とは関係ない依頼が増えてきたと言う話で…(笑)、それ分かります!

34a9bc402ba354-400.jpg


風水の仕事をしていると、どうしても関わってくる「問題」がある。「霊の存在」です。部屋に霊が居たり、敷地に霊が居たり、「生霊や人の念」が憑いてることもある。これも風水環境に影響します


トラブルの原因が、風水ではなく「霊的エネルギー」が原因。結構こういうケースがある。問題に対応するには、人間の五感を越えた「知覚力、波動感性」が求められる。

霊感…視える人には、はっきり見えますが、風水師でも「霊感」がないと、分かりません。このため見過ごされてしまいます。いろんなトラブルが起きます。やっかいな問題です。

元々、そこに棲んでいた「霊」であれば、土地の「先住者」です。霊は後から勝手に入り込んできた人間に対して、「出ていけ!」とばかりに「いやがらせ」をしたり、攻撃することがある。

以前、家を新築したお客様がいました。
入居して間もなく、キッチンの「シンク」から「強烈な異臭」が出てきて、それで建築業者に調べてもらったが、原因が不明?とのこと。

それで、風水研究所に依頼きて霊視。
リビングに男性の霊が視えました。元々、この場所にいた霊でした。男性の霊は「ここは私の家だ!」と怒ってました。土地を売った人の数代前の「御先祖様」でした。「家を盗られた」とお怒りでした。

「未浄化霊」がいると、さまざまなトラブルが起きます。
決してプラスにはなりません。

霊と言えども、先住者であれば一方的に追い出すことはできません。「お祓い除霊の儀」を行い、霊を祓い清め浄化し、去っていただきました。これで異臭が止り、一件落着となりましたが。

7329262-s.jpg


古来、日本では、土地にはその土地の「神」が宿ると考え、家を建てる際は「地の神」に伺い、土地利用の「許可」を得てました。大地の許しを得る、これが「地鎮祭」の目的です。


そうした大切な神事がおろそかになっているのが、今の世の中です。そして時として、トラブルが起きます。

大手のハウスメーカーの場合、経験的に「地鎮祭の大事さ」を知っているので、必ずと言っていいほど地鎮祭を行います。地鎮祭を欠くと、工事中に事故やトラブルが起きたりするからです。

他方、中小のハウスメーカーや、建売住宅、賃貸マンションなどの場合、地鎮祭を行わないことがある。確認が必要!

「地鎮祭」では土地が祓い清められ、浄化されますが、神社神道では「人霊のお祓いは対象外」です。このため土地に霊が残ってしまう事が多い。別途「土地の祓い」が必要になる。

成仏していない「霊の波動」はとても低いです。このため未浄化霊がいると、どうしてもその場所の「波動・エネルギー」が低下し、影響を与えます。マイナス・エネルギーです。

時として、そこに住む家族が「病気がち」だったり、不運だったり、幸せになれなかったり、良い方向へなかなか進めないなど、影響が出てきます。時には、新しい家に住んで数年で引越し、離婚など…

~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞

<追伸>
風水の仕事をしていると、霊的トラブルに遭遇することがある。風水では解決ができないため、別途、裏メニューで「お祓い除霊」のコーナーを設けました。力のある「霊能者」を招き、問題解決に向けて対応してます。

スポンサーサイト



2022.04.17 18:32 | 十人十色の風水 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示